So-net無料ブログ作成
検索選択

懐中電灯アプリの使い方~iPhoneを懐中電灯にする無料アプリ~ [ライフスタイル]

急な停電の暗闇で、懐中電灯をいざ探そうとするとこれが結構大変だったりしますよね、そんな時に使える「懐中電灯」というアプリがあります

懐中電灯.png

「懐中電灯」はiPhone用の無料アプリです。このアプリは起動するだけで素早くLEDが点灯するので、緊急時でも焦ることなく対応できて心強いと思いませんか

明かりはLEDと同時に、画面のバックライトも点灯するので周囲がより明るく感じられて安心感が増します。


アプリ「懐中電灯」は災難時に役立つように、ストロボ発光できるようになっています。ストロボ周期を2から7の間で設定できるほか、SOSのモール信号でストロボ発光できるので、周辺にも緊急を伝えることが出来ます


その他にも、カメラをボタン一つで起動しますから、緊急時はもちろん普段、寝る時に消した明かりをつけることなく暗闇で物を探すこともできます


ここからは、シンプルな機能ながら懐中電灯以上の機能を備えている、このアプリの使い方をお伝えします。

スポンサーリンク





アプリ「懐中電灯」の使い方


アプリ「懐中電灯」をインストール後、最初に起動すると通知の受取の許可を求められますので、「OK」をタップします

IMG_0506.PNG

LEDでが点灯して、懐中電灯としてすぐ使えます。画面右下のランプマークをタップすることで明るさを二段階に調整できます。
画面中央の数字が「0」の場合は、ストロボ発行はしません。

IMG_0507.PNG

ストロボ発行は、画面上のスリットを指先でスライドすることで、ストロボ周期(2から7)が変わり、設定した周期でストロボ発行を繰り返します。
スクリーンショットの場合、画面中央に「3」と表示されているのでストロボ周期は3になります

IMG_0510.PNG

画面上部のスリットを指先でスライドしていき、画面中央の数字が「SOS]の表示になるとLEDライトはSOSのモールスでストロボします

IMG_0511.PNG

暗闇で探し物をする場合、画面左下の「双眼鏡」マークをタップ、カメラが起動してLEDライトの明かりのしたで探すことが出来ます

IMG_0509.PNG



iPhone無料アプリ「懐中電灯」は、緊急時だけでなく普段寝るときなどアプリを起動するだけで、電気を点けることなく手元を照らすことができるので重宝しています


downn_btn.png


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。